2017.7.23

世田谷パブリックシアターで「子午線の祀り」を見る。日本演劇界の名作らしい。野村萬斎演出。古典演劇の演出だと思った。概念化された舞台装置。1シーンに惜しみなく使う時間感覚。古典をもう少し見ないとこの演出では楽しみきれないかも。4時間の長丁場だが小劇場なら半分かなあ。体調がよくなかったこともあって大きな感動はなかったが、物事の入り口とはそんなものなのかもしれない。千秋楽で、スタンディングオベーションだった。

母からトウモロコシ、ぶどうなど送られてくる。トウモロコシをさっそく茹でた。1本はご飯と一緒に炊いた。