2017.7.16

最近よく本を読んでいて文章が書きたくなったので日記を始める。三日坊主なので続かないと思うがやらないよりはやったほうが良い。

プロレタリア文学体系の1巻が読み終わったので、澤地久枝編の「愛しき者へ・上」を読みだした。中野重治の書簡集。さわりだけ読んで中断していたもの。中野重治は決して達筆ではないのだけど、それを棚に上げて他人の文字を俗っぽいだの右下がりには反対だのと言っていてかわいらしい人なのだなと思った。

二子玉川高島屋に先輩の展示を見に行く。青磁の潤んだ色味が美しかった。バリのお土産をもらった。私は地下で買ったあられを渡した。あのあられは夏のパッケージがかわいらしかったので他のお土産にもよさそうだった。二子玉川まで行くのは時間がかかるので新宿や橋本にお店が入っているといいな。